プロペシアを服用出来ない病気

育毛ナビ

プロペシアを服用出来ない病気

プロペシアを使用した場合の副作用をについて、お話していきたいと思います。

プロペシア(一般名: フィナステリド)によって、薄い髪内科療法は出来ないかもしれません。
また、泌尿器系の病気、または肝臓病などの病気を保持している人々は、プロペシアを服用しない方が良いかもしれません。

さらに、他の病気の場合においても、服用できないかもしれないので、医者と相談した後に治療を始めましょう。

プロペシアの服用を行う事で、性的衝動が落ちたと思う人々はいるように見えます。

性的衝動を引き起こすのが、テストステロンであるので、プロペシアというものは、テストステロンが活性している型の男性ホルモンであるジヒドロテストステロン(DHT)への変更を行う5α-リダクターゼと呼ばれる酵素の働きに影響を及ぼす影響があるので、テストステロン活動にまでは影響を及ぼす事はない…と思われています。

陰茎は、男性ホルモンまたは成長ホルモンの分泌が活発な20年代の初めまでの場合、成長すると言われています。

脱毛を引き起こしている活性型男性ホルモンのジヒドロテストステロン(DHT)ですが、陰茎の成長に影響を及ぼす可能性が考えられるため、そのジヒドロテストステロンの発生というのをコントロールするプロペシアを初期の段階で服用を行っていると、陰茎の成長にも大きく影響していく可能性があるようです。

育毛ナビ