個人輸入の育毛剤を使ってみた

育毛ナビ

個人輸入の育毛剤を使ってみた

皆さんは育毛剤を海外から買ったことはありますか?

海外の育毛剤の中には日本では使えない成分や、先進的で学期的な手法の製品がたくさん。特にアメリカは育毛剤の分野では先進国。アメリカで人気になったものは例外なく世界中で使用されているというほど。

一方ヨーロッパの製品は日本より劣りますね。成分の規制がガチガチで日本の製品より使用される成分が限定されています。
日本製品は世界的に2番目か3番目の品質ですね。

2位や3位のレベルでも満足する人はいるでしょうが、どうせなら一番の製品がいいですよね。私もその一人でした。

ではどのようにしてアメリカの育毛剤を購入するのか?直接購入する?確かにそれも手ですが明らかに費用が掛かりすぎます。

私が利用したのは「個人輸入」というシステム。

個人輸入とは、日本で注文をしたら、会社が商品をアメリカから購入してそれを日本にいる私に配送してくれるサービスのことをいいます。実はAmazonもこのシステムが存在していて一部海外製品を購入できるのですよ。

私が購入したアメリカ製品はロゲインというリアップの上位互換と、最近流行りのキャピキシルが配合されたやつでしたね。後者のやつは英語で書かれていて名前が読めません。いずれにしろ、この2つを購入して試しました。

最初の内は何も問題なかったのですが、とある頃から明らかに品質が落ちたものが届けられるようになりましたね。パッケージが汚れていたり、ちっょとデザインが違ったり・・・一応問い合わせをしましたが、返答は
「汚れとかは海外の飛行場での搬入が荒いから。」
「デザインは過去の物から変更されている。」
という内容。まあ海外は飛行機に荷物を搬入する際、ものすごく荒く扱うというのは知っていましたし、デザインも変わることはあるでしょう。

ですがこの日を境に私の頭皮環境は散々なことになりましたね。
具体的には頭皮がヒリヒリする。髪が抜けやすくなった、臭いがおかしいなどです。

あまりにひどいので返金対応を求めましたが、のらりくらりとかわされて実験せず。病院へ行ったら個人輸入している育毛剤は大変危険だと説明されました。

それ以来私は個人輸入の育毛剤を購入していません。
育毛ナビ