飲む育毛剤「プロペシア」の効果

育毛ナビ

飲む育毛剤「プロペシア」の効果

プロペシアというのは、男性型脱毛症(AGA)の進行を抑えると言われている経口薬であり、飲む育毛剤です。

この元々の使われ方は、前立腺がんや前立腺肥大といった病気の治療薬として作られた医薬品なのですが、その副作用で異常発毛が起こった事により、現在では発毛剤という事で用途が広がってきたようです。

これは、米食品医薬品局(FDA)により「飲む育毛剤」という事で認可までされている医薬品のようです。

プロペシアを飲む事での効果についてですが、男性型脱毛症が進んで行くのを遅らせる効果があるとして、科学的に解明されています。

男性型脱毛症というのは、またの名を「壮年性脱毛症」とも呼ばれており、これは遺伝からくるもののようで、年代としては20〜30代にかけて、少しずつ髪の毛が薄くなっていくようです。

ちなみにプロペシアの内服を行った国内での臨床試験の結果によれば、万有製薬により0.2mgの投与を行う事で54%の方達に改善の効果が見られたようです。

また、海外でも臨床試験が行われたのですが、この結果はというと、アメリカにおいては70%以上の方達に効果があったとまで言われているようです。

ちなみにプロペシアの効果というのを実感するまでは、若干の時間を要するようです。

育毛ナビ