男性型脱毛症「AGA」の治療法

育毛ナビ

男性型脱毛症「AGA」の治療法

それでは男性型脱毛症であるAGAの治療法を見ていきたいと思います。

プロペシアが出てくるまで、これまでAGAの治療に良いとされていた育毛剤および治療薬ですが、果たして何が違うと思いますか?

今まで行われてきた育毛剤および治療薬というのは、それらのほとんどのものが頭の皮膚の毛細血管の部分を拡張してしまい、発毛の役割があると言われる毛母細胞に対しての栄養供給を促進していく事で発毛を促しておりました。

一方のプロペシアですが、元々ある発毛の阻害される原因であるジヒドロテストステロン(以下DHT)を抑える事が目的とされているので、通常の治療方法と比べるとそれは大きな違うアプローチと言えます。

AGAは、薄毛および抜け毛の原因として考えられるのは、ホルモンの働きによるものと言われています。

テストステロンと呼ばれる男性ホルモンが、5α-リダクターゼというような酵素により、DHTのホルモンに変化するのですが、このDHTは発毛というものに大きく関係する毛母細胞の働きというものを抑制するために、AGAの症状が進んでいると思われます。

プロペシアの成分のフィナステリドですが、この5α-リダクターゼがDHTに変化を行うのを抑える働きがあります。
このため、プロペシアによりAGAに対する大きな要因の1つとも言われている男性ホルモンによる発毛の阻害が軽くなり、それにより髪の生成を行えるようになると言われています。

育毛ナビ